Show MenuHide Menu

依頼者の意志と予算が一番

2014年5月1日

FF089_L
図面などの書類より大事なのは「自分の希望を明確にする」ということかもしれません。今はリフォームばやりということで、希望が漠然としている人が目立ちます。また、「新しいキッチンを入れたい」というような物選びがプランの中心を占めていて、「なぜ新しいキッチンを入れたいのか」という目的が見えてこない場合がとても多く見受けられます。確かに新しいキッチンそのものは魅力的ですが、そこには「既存のキッチンが使いにくい」というリフォームのきっかけがあるわけで、それを解消するにはキッチン入れ替えだけでは充分ではないはずです。例えば「キッチンの使い勝手をよくしたい」という明確な希望があるのなら、それを専門家にぶつけてみてはいかがでしょうか。リフォームの専門家なら、使い勝手をよくするためにどんなプランを考えたらいいか、どこに手を加えればいいか、答えを出してくれるはずです。もちろん、頼む相手は選ばなければなりません。建築士やリフォーム業者であろうと、経験の差によってできる人とできない人はいます。実際に話して、自分の希望を真剣に聞いてくれる相手を探しましょう。また、本当のプロなら、設計料も高くなって当然です。新しい設備を入れることで利益が見込める業者は、設計料サービスなんていうことを平気でやりますが、それがいい設計につながるとは思えません。
リフォーム前には目的を明確にしておかないとなかなかスケジュールが進みませんし、予算も決めにくいでしょう。後悔しない為に多くの情報を←ここのサイトで得ましょう。
家の図画かない場合はとうするの?
最近のリフォームでは主要な構造部分に手を加える大規模なリフォームも増加しており、土台やアンカーボルト、柱・梁・筋交いなどの配置など、購造上の安全性を確認するため、床下や天井製・小屋裏など構造体の前もってのチェックが必要です。特に確認申請図雷類はリフォームの羅針盤でもあり、竣工図や当時の工事工程写真などがあれば確実なプランニングへの道しるべとなるでしょう。さらに基礎伏せ図や梁伏せ図、軸組み図、設備図などの詳細図があれば万全です。前章でも説明の通り、主要構造部分に手を加えるリフォームは建築確認申請が必要な場合があります。構造上については専門家の建築士に判断してもらうことになりますが、既存図面がない場合は確認申請図書類を一から作成しなければなりません。